【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

ダメ出し続き

pontブログ
おはようございます。
相続関連続きの日記で、なんだかおもしろくないんですが、
やっと1社の生命保険会社に書類を発送できました。
会社によって提出書類が違うので、チェックが大変なんですが、まだこれから必要で手元に
残っている戸籍や住民票を見ていると・・・、自分の住民票が1枚なーーーい!!
よーく思い出していると・・・多分送ったばかりの保険会社の書類のほうに、住民票を
ダブって送ったかもしれない(T∇T) もう1枚いるのに・・・。
仕方ないから出張所に発行してもらいにいきます。
そのうえ、この前自分の実印なくした日記を書きましたが、よくよく考えると、その印鑑って
自分の生命保険に押したものと同じだったのを思い出して、ひょぇぇぇえ~~!!
あわててさっき、コールセンターに電話して、「すっ、すみません!!証書に押した印鑑
失くしたんで、どうしたらいいですか!? 変更届だしたいんですがっ!」て聞いたら、
コールセンターのお姉ちゃん、「印鑑は押して出していただくことはありませんので、
変更届はしなくても大丈夫です」って。
ああ、良かった。もう、なんで今回はこんなにあれこれ失くしたり、失敗するのかな、
もうダメダメです。5年前のチャッチャと手続きしてた自分じゃなーい。
そして、今日は法務局に作ってもらうのに提出する「法定相続一覧図」の作成図を仕上げます。
これ、自分で作成したものをもとに、法務局が作ってくれるんですよ。
んで、わからないことがまたあったので、電話で問い合わせました。
申込書に、不動産登記にも使うので、不動産所在事項又は不動産番号を書く必要がある場合は
記入なんですが、(例のムダに払ってる固定資産税の家)家屋と土地、登記識別情報の番号は
別々なんですね。
「両方ある場合は両方書くんですか?県外ですけどいいんですか?」って問い合わせたら、
片方だけ書いてくれれば、不動産のあるところはわかるのでいいってことでした。
県外でも問題なし。親切にお答えしてもらいましたけど、一般庶民って何も知らないなあって

思ってるだろうなー。

兄はムダに銀行で口座持ってたから、6枚必要です。今まではどこも一連の戸籍と、
相続人確定できる戸籍が必要だったけど、今は法定相続情報一覧図持参で大丈夫。
戸籍を返してもらう時間が省けるので、遠地だとそれ持っていけば早く手続きが済みます。
不動産も相続登記しないといけないので合計7枚ですね(^^;
でも、作成申し出で少しでも不備があるとやり直しだし、初めて不動産移転登記したとき、
もう一つ古い戸籍があるはずですって言われて、車走らせて取りに行ったんです。
明日か明後日には法務局に行くつもりですが、なんか一つくらい失敗してそうな・・・。
自分の住所地で手続きできることがまだ救いですね。
まだ兄が使ってたネット回線のパックや携帯の解約、キャッシングしてるカード会社にも
連絡しないといけないし。これもタイミング考えないと、あまりに早く口座凍結すると、
引き落としできない事態が起こるので、ちょっと余裕をみて引き落とし日との兼ね合いのいい
タイミングで銀行に連絡・・・などなど。遠地なので簡単に行けないし・・・。

頭がこんがらがって、ダメダメです・・・。

固いお話に、今日もお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました