【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

年金事務所にてダメダメな私

salesmanブログ
こんにちは。
九州では洪水も起こって心配ですね。被害が広がらないようお祈りします。
さて、今日は予約しておいた死亡一時金の手続きに年金事務所に行ってまいりました。
(6/27日記) 死亡一時金をくれるらしい 今日の担当者は前回と違い、超ベテ
ランの眼鏡キラーン☆クール!って感じのおば様でした。前回はフレンドリーな印
のおば様だったので、ちょっと緊張しながら揃えた書類を出しました。
「以前だけでなく死亡直近の仕送りとかはありませんか?」(え?前回はそこまで
言われなかったんですが・・・)「仕送りと言うか、お見舞いで医療費の足しに20万
くらいは渡しましたが、手渡しなんで記録は無いんです」と答えました。
実際渡したし。
「そしたら、申し立て内容にそれも付け加えて書いてください」というわけで、
『経済的援助についての申し立て』欄に書きました。
「回数や金額の書き方も変えてください」
申立書には
回数( 年 月 約   回程度)・金額( 年 月 約   円程度)と
あるので、回数も金額もまとめて書いていたんですが、月平均の金額を書くべし
らしいです。
2重線を引き訂正印を押し、「これでいいですか」って見せると、¥0が1個足り
ませんよーって言われて、そこはちょろっと0を1個足しました。
それから必要な戸籍と住民票のコピーをとられている間、兄の住所の書き間違えを
見つけてしまいました(^^;  もうヤダ、私のあほー(´・ε・`)
またまた2重線アンド訂正印。
その後コピーされた戸籍と住民票に「原本と相違ありません・日付・名前・印鑑」
記入、押印して私のすることは終わりました。
これでなんとか、訂正は終わりました。あとは【受付控え】と【説明事項確認控え】を
もらうだけ。その控えの内容をチェック中、おば様が「あらら、納付月数間違えた」と。
見ると納付月数が間違えて書かれていました。
きっと私のダメっぷりが感染したんでしょう♪
慌てっぷりが可愛かったです。
「審査があるんでここでは絶対振り込みますとはいえないけど、せっかく頑張って
納めた年金だから、少しでもお返し出来たらねえ。納めただけで亡くなったから」
とクールビューチーなおば様、人情ビューチーな言葉をかけてくれて、
なんだかウルっとしました。
車で30分の所を何回も往復するのは大変ですが、なんでも手続きや相談はして
おくものだと思いました。
事務所の人も単に事務的でなく、色々事情とか話すとやっぱり一人の人間なんだな
と思いました。家庭も家族もあり、親を送ったり、同じ経験をしているんだろうな
そう思いました。
昨日、証明のサインをくれた人も普段は「あんちゃん」と呼んで気さくに話して
いる人です。
実家が全滅した私には少しの言葉でも温かく感じられるのかもしれません。災害の
時だけでなく、普段の人付き合いもこういうときは生きてくるんだと感じました。
確かにいかにもお役所的な対応をされたこともありました。
(5/31日記) ¥19350!戸籍などなど この時はひどかったです。でも、あとは
まだ若くして亡くなった兄のことを気の毒に思う対応をしてくれるところもありま
した。そんな人に感謝してあと少し、最後まで後始末をやっていこうと思います。
今日もお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました