【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

「特別寄与料」もらえる人はメモメモ・ブラックな私

detaブログ

こんばんは。

すでに今年、相続に関するルールが一部
改正されましたが・・・。

私はその恩恵を受けられなかったほうに入ります。

配偶者が義親の介護などに寄与した場合、いくらか相続分が認められるという件。
ダンナ君の親は、息子二人のうちどっちが入ってもいいということで、まだ二人が
結婚しないうちに離れをおっ建てました。(この時点ですごいと思う)
その頃、私はまだダンナ君と出会う前。弟の方は、彼女がいてそろそろ結婚しても
いいかなと思っていたそうです。
いよいよ結婚の話がかたまり、離れに入居するよう彼女に話すと【NO!!】を
くらったので(当たり前だと思う)、当然空き家になっていました。
弟夫婦は、会社とこの家の中間くらいにマンションを借りました。途中から

単身赴任になりましたが、そのままマンションで暮らしていました。

その頃、ダンナ君と私が出会い交際を始めたんですが、そんなことはつゆ知ら
ずの世間知らずだった私。せっかく用意している家が空き家のままなのも
気の毒だしダンナ君は長男だし、半分諦めもアリで2年間空き家だったこの家に
入りました。孫が生まれたら、ちょっとくらいは面倒もお願いできるし・・と。
それから1年後、義母が脳梗塞で入院し、その頃妊娠がわかりました(^^;
息子が生まれて2か月後、義母が亡くなり、それから義父の世話が始まり
約20年。義父は平成24年に亡くなりました。屋根こそ別でしたが、食事も
お風呂も同じ、病気で入院したら毎日世話に行き、そのうち介護もして。
その間に弟夫婦は同じ町内に「実家の近くで骨を埋めたい」と言い出し、
700万、義父に頭金を出してもらい50坪の分譲住宅を買いました。

弟は今でも単身赴任ですが。

葬式・相続手続きもほぼ終わり財産分与をする前日ダンナ君が言い
ました。
「親父の通夜の晩に弟夫婦から不況で給料が遅れがちになっている」
そう言われたと。ローンの支払いが滞ると困る、それはわかるし、
基本的に私も弟ヨメもダンナ側の相続にはなんの関わりも持てない
はずですし。義父が亡くなるころは、ダンナ君が癌で療養中の義父の
通帳を管理していましたから、現金などほとんど無いことも一応

知っていました。あるのは死亡保険の200万と実家のみ。

貧乏人ほどよくもめるとはこのことです。実際もめはしませんでした
が、土地建物分は現金で欲しいというのですがお仏壇はあるし、
買い手はつきそうにない場所の家で、仕方なく200万の6割分を弟に
相続してもらうことで決着しました。
たかだか200万でこんな思いをしたのです。
弟ヨメが「ありがと、お義兄さん」と言ったのが忘れらません。
うちは長男なので毎月月命日に、お寺さんにきてもらっています。
もちろん毎月お布施を払い、墓地の組合費を払い清掃もして、固定
資産税も払っています。
ダンナだけでなくその親の世話もしてボランティアに来たのかー

ワタシ。

ほんと、さっさとこの法改正してほしかったです。私と同じ
ような立場の方、こまめにメモや日記はつけておきましょう。
どれだけ介護したかもそうですが、兄弟に親が出してあげたお金とか、
自分が言われて理不尽だと思うことも書いておきましょう。

今日はかなーりブラックな日記ですが・・・。辛かったんだもん。

今日もお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>
スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
ぶっちーをフォローする/
ひまリブライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました