【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

喪中はがきでダンナともめる

postブログ

先日から、喪中はがきがポロポロと届くようになりました。

今年、独り身の兄が亡くなったので、うちも喪中はがきを出さないとなあと思いまして。

年賀状は文面の印刷を郵便局のWEB注文でいつも頼んでるので、今年も頼もうかと。

昨日兄の闘病記をアップしたのですが・・。「スキルス胃がんと闘った兄のこと:闘病記」

ダンナが自分に来た喪中はがきを見て、「お兄さんの喪中はがき出さないといかんやろ」と

言うので「お?そんなマトモな気があったんだ」と思いました。

というのも、いつも兄のことをちょっとバカにしているような言動をしたり、

病気の急変がちょこちょこあった4月に、「何回も見舞いに行っても仕様がないやろ」

「交通費もバカにならんやないか」「もうそんなにもたんのに、行ってどうする」などと、

こいつには人の心があるんかと思う言葉を浴びせられていた私。

そういわれるのが辛くて結局見舞いを辛抱してしまい、今も後悔してます。

自分の両親が1年間入院していた時は毎日病院に通い、私にも身内が行かないでどうする、

病人もさみしいやろ、などと強制したくせに。誰が介護したと思ってるんだ。

確かに兄は甲斐性なしだったかもしれないけど、自分の奥さんの兄弟、年も兄がダンナより

3才下だったけど、一応義兄です。亡くなった時もダンナは自身の兄弟に連絡もしてません。

「出す必要ないと言うかと思ってた」と皮肉を込めて言いました。

すると、「どういう風に書くん?義兄はちょっとなあ」なんて言うのです。

「はがきの文くらいでそんなに気にかかること?法律でも義兄だから仕方ないことやん」

「いやー、どうも義兄やとはなあ」この人に兄のことで何を言っても仕方ないのは前からだけど。

ホントに一気に冷めるようなことを、言います。アンタだって十分ガキじゃないの。

近所に響くような大ゲンカでもしようかと思ったけど、絶対にひかないし、へ理屈や

私が兄のことを嘆いたりしてたことを引き合いに出しては、「悪口言ってたやんか」とか

言って、自分が悪いなんて今まで一言も言ったことはありません。

「私もあんたの弟の儀姉なんやけど、弟夫婦揃ってちっともそう思ってないもんな!

アンタもそんなこと気にもしてないし。わかったわ!」

「妻の兄って書いたらええやろ!アンタと関係なくてええやん!」すると

ニコニコして「うん、それだったらええわ」です。

いい年してガキです。そのうち大きなしっぺ返しが来るといい。そう思います。

だから、卒婚したくなるんです。家にいられたらイヤになるんです。

ちっともわかってない。

お見苦しい話ですみませんが・・・。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>  なんだか情けない。



スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
ぶっちーをフォローする/
ひまリブライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました