【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

転移の連絡

singleブログ
昨夜の日記、
中途半端になってしまいました。
連絡の内容だと、やはり髄膜にガンが転移している可能性が高いとのこと。
髄膜とは脳を包む膜のことです。
細胞診の結果はもう何日かかかるので、それで状態がわかるでしょう。
身内というのは兄です。
私が50代なので、まだまだ若いのはおわかりでしょう。
先日ドクターに呼ばれて面会に行った日は、短時間ですが普通に会話が
できました。
ただ、腫瘍マーカーの検査でCEAは6くらいの数値が、CA19-9は3500
以上と異常高値でこれは何なんだろうと不安でした。
でも一応安心して帰った2日後、まともに言葉が出なくなり、急遽CT、
髄液検査、MRIをとりました。
話しかけると、内容はわかるときもあるけど、わかっていないようなときもあるようです。
CTは、固形の形での転移がんではないから写りにかったのです。
転移した目に見えないがん細胞が、水が土に沁み込みように脳内に拡がり、
そのうち、頭痛や精神症状、視力・聴力の低下、けいれんなどが現れる
そうです。
話しかけても意識がまばらで「ああ」「はい」「うーん」くらいしか喋れないし、ふっと
眠りにおちたり、いずれにせよいい状況ではありません。
自分もパートナーもまだまだ楽観していました。今回は抗がん剤を変更するため1週間の入院
予定で、効果次第で今後の抗がん剤治療のスケジュールを立てていたところでした。
もともとスキルス胃がんで腹膜播種もあったので、5年は生きられないと
思っていましたが、オプジーボを始めた矢先での急変。
血液やリンパにのって、静かにがん細胞が転移していたんですね。
頭部に放射線治療をする選択肢もありますが、これもあくまでも一時的に
症状を軽くするだけで、根本的な治療にはならないそうです。
スキルスの方は胃から十二指腸へ行く部分が完全にふさがっていて、食事も水分も
口からとれません。点滴のみで栄養を補給しています。
発病してから病気のことを調べたり、同じ病気の人が書いているブログを
読み漁ったりしました。最後に緩和ケアに入る人も多くて、同じように
苦痛を和らげて出来る限り家族と会話をして静かに逝けたらと思って
いましたが、それも無理なようです(´;ω;`)
自然経過だと3か月も持たないのではとドクターに言われたそうです。
感傷に浸ってしまいそうですが、きっと兄もパートナーもまだしばらく治療しながら
仕事に行き生活できると思っていたんでしょう。
クレジットがあったりとか、何をどこで入出金しているとか、本人でないと
わからないことがあって、それも問題です。
実家の父も元気だったのが朝倒れたまま数時間で亡くなり、何も聞いて
いないままでした。
何もきちんと伝えられていないパートナー、そういう意味でも肩身がせまいと
言っていました。
パートナーは整理したり、本人のものの調べものをして何かしている方が
気がまぎれるといいますが・・。
夫婦別姓にしたいと籍を入れていなかったので、後々、私が手続きに出向くことに
なります・・・。
言葉は喋れなくても、まだ私のことがわかるうちにもう一度会いたいです
が、どうなるでしょう。
「行っても何もできないから行く必要ないだろう」とダンナに言われそうで
怖いです。優しい人ですが、思いがけないところで人の気持がわからない
発言をします(^^;  合理的なのか、お金がもったいないと思うのか。
先日も病院近くのホテルはふさがっていて大変でした。
10連休に何かあったらどうしよう。
10連休が終わるまでは、せめて意識があってほしいです。少しでも言葉をかわしたい。
こんな話にお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
ぶっちーをフォローする/
ひまリブライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました