【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

最強!?パワーポイント初心者でも超簡単にアイキャッチを作る方法

powerpoint-eyecatchiブログ

先日、パワーポイントでTwitterのヘッダーを作ったんですが・・・。意外と好評というか、作れるの?っていわれたのに驚きました。


だれでもWordやEXcelみたいに使っていると思い込んでましたが、そうでもないんだなと感じたんですね。

今回はパワーポイントでアイキャッチの初歩的な作り方を紹介します。WINDOWS10に変えた人は多いと思いますがPowerPoint2013以上なら、十分作れます。


Photoshopやillustratorなどプロ用のソフトは手が出ない、そこまで必要はない、出来れば無料ソフトで…でもそこそこのデザインで作りたい人にパワーポイントがピッタリです。

パワーポイントでのアイキャッチの作り方

パワーポイントでアイキャッチ作成の初歩的な手順

  1. ベースの画像(写真・絵)を挿入
  2. アイキャッチの文字を入れる図形を選択
  3. 図形の中にテキストボックスを挿入
  4. テキストボックスにアイキャッチ用の文字を入れる

これが大きな順番です。この間に色や角度、装飾などの調整があります。慣れると10分くらいで出来ますよ。今回はこのアイキャッチを作る手順を説明します。

powerpoint-penguin

文字のフォントについて、先に注意点があります。

※文字を変えるフォントについて、ホームタブのフォントの▼をクリックすると、右側に雲のようなマークがあります。そのマークをクリックしてダウンロードしないと使えません。

クリックだけでいいのですが、英数字しか対応していないものが多いです

パワーポイントを開いてアイキャッチ作成の準備をしよう

背景にしたい画像やテンプレートを用意しておいてくださいね。


説明の画像はクリックするとすべて拡大できるようにしています。

powerpoint

(作業用のリボンです。何がどこにあるか覚えることが早くできるポイントです)

ベース(背景)になる画像を挿入しよう

powerpoint
パワーポイントの画面

PowerPointを開き、「新規」の「新しいプレゼンテーション」を選択。画面が開きます。「タイトルを入力」の部分はバックスペースかデリートで削除します。

powerpoint

自分が背景にしたい画像を挿入します。右に表示される「デザインアイデア」からデザインを選んで文字を入力していってもかまいません。

画像の挿入の仕方について

リボンの「挿入」タブクリック → 「画像」をクリックします

画像フォルダが開くので挿入する画像を選択して「開く」で挿入してください

アイキャッチの文字を入れる図形を選択して、色や装飾をしよう

画像を挿入すると上のリボンは「図形の書式」が選択されるようになります。左の方に「図の選択」があり、そこから吹き出しを選んでみます。

powerpoint

選択後の画面です。ここでは大きく引き伸ばしています。

powerpoint

色は後から変更します。まずは大きさや位置をきめましょう。また、このままでは色がベタぬりになっていますが、これも薄く透過して背景が見えるようにしていきます。

powerpoint

これは「図形のスタイル」という場所を開くと出てきます。マウスでポイントすると色々変化します。気に入った感じのものを選択します。色は後でかえられます。

スタイルが決まったら、次は右横にある3種類のボタン「図形の塗りつぶし」、「図形のわく線」、「図形の効果」を使って、もっと変化をつけましょう。

上からこのように並んでいます

・図形の塗りつぶし・・図形の色をえらんだり、透明に近づけるなどができます

・図形のわく線・・・・図形のわく線の色や太さなどの装飾ができます

・図形の効果 ・・・・図形の面取り、ぼかし、影などをつけて装飾します

powerpoint

「図形のスタイル」の右側に小さく「図形の塗りつぶし」があります。そこで色を選択しましょう。私は青を選んでみました。

powerpoint

青に変わりましたね。次に「図形のわく線」で白い枠をつけてます。続けて「図形の効果」を少しいじってみます。「わく線」の太さは種類、色も選択できますよ。

powerpoint

「図形の効果」は色々なことができます。この画像は3-D回転をためしているところです。マウスを当てるだけで色々と変化しますから、ムダなく見やすく簡単で便利です。

powerpoint

これは「面取り」をためしています。平べったい吹き出しに立体感がでてきました。

powerpoint

立体感を出すと今までの線が細すぎて見えにくくなりました。そんな時は「図のわく線」をクリックして、好みの太さに調整することもできます。

powerpoint

これで吹き出しの色、薄さ(透過性)、効果(立体感)をきめました。次は文字を入れる準備をしましょう。

図形の中にテキストボックスを挿入。文字はテキストボックスが必要

吹き出しなどの図形の中に文字を入れるには、テキストボックスを図に重ねて使います。今回は青い吹き出しの上に設定します。

powerpoint

リボンの挿入タブにテキストボックスというアイコンがあります。そこをクリックすると、「縦書き」「横書き」と出ますが、「横書き」を選択します。


「横書き」テキストボックスを挿入しましょう。

powerpoint

ドラッグして大きくしてみました。(小さくても字が挿入できればかまいません。あとから大きくできますよ。)

アイキャッチ用の文字を入れて、大きさを変えたり装飾をしてみよう

文字を入れる準備ができました。ふつうの文字では目立ちません。大きさや角度をつけたり、影・立体感が出るように工夫しましょう。

powerpoint

テキストボックスで文字をいれるときの方法や、注意する点です。

文字が一番前にくるように、「配置」をクリック → 「前面へ移動」にします

タイトルにしたい文字を入力します

リボンの「ホームタブ」にあるフォントで文字のフォント、色、大きさを変えます

(テキストボックスを右クリックすると「フォントボックス」が出て、ここまでと同じ操作ができます)

リボンの「図形の書式」をクリックして、「ワードアートのスタイル」にある「文字の効果」をクリック。好みの装飾を選択します

powerpoint

まずはタイトル文を入力します。

powerpoint

文字をいれたらフォントをいろいろ試してみましょう。

次に文字の色を白に変えました。

powerpoint

文字を吹き出しの中に適当におさまる大きさにしたら、「図形の書式」をクリック→「文字の効果」をクリックして装飾してみましょう。(このフォントはHGP創英角ポップ体です)

powerpoint

これもマウスをポイントしていくだけで変化していくのがわかるので、自分の好みのスタイルの装飾をえらんでください。

powerpoint

これも3-D回転させてみました。動きがついて個性的で面白くなりましたね。
文字の装飾まで終わりました。下側が少しさびしいのでもう少し手を入れます。

powerpoint

テキストボックスが1つ残っていたので、それを利用します。(「サブタイトルを入力」と書いているボックスが残っていますが、それがテキストボックスです)


拡大して下側一杯に広げて、色はイエローを選択しました。このままでは色がきついので薄くしてみます。


画面中央のボックスは「ワードアートのスタイル」の中の「文字の塗りつぶし」をクリックして、その中にある「その他の塗りつぶしの色」をクリックすると出ます。

powerpoint

赤い囲みの中に「透過性」とあります。0%を40%にして、色を少し透明にします。そのあと文字を入れてできあがりです。これはもともとテキストボックスを利用したので、すぐ文字がいれられます。

powerpoint-penguin

出来上がりです。手順とボタンの位置さえ覚えれば、簡単にしかも無料ツールよりおしゃれに作ることができます。あとはあなたのセンス次第!

画像を保存するときは拡張子を.JPGにしましょう

powerpoint

ここだけは間違わないようにしてください。そのまま保存してしまうと他のソフトで使用できません。ピクチャフォルダなど、画像保存フォルダに必ず「.jpg」で保存しましょう。

パワーポイントはなんでも揃っている万能表現ソフト

パワーポイントを搭載している方は、使わない手はありません。画像加工の無料ツールは多くありますが、パワーポイントはもともとプレゼン用の資料作成ソフトです。


表現力を求められるので、画像に額縁や文字を変化させる装飾の力だけでなく、自動でデザインも作成してくれるので、気にいれば位置をすこし直すだけでステキなアイキャッチやヘッダーが作れます。


この記事のアイキャッチも作成途中で出てきたデザインを使用しました。もしパワーポイントを持っていれば、慣れるだけでデザインの良いものができます。ぜひ利用しましょう。


最後に、利用するときのサイズ設定について書いておきます。画像を挿入したら、

1.ホームタブの「デザイン」を押します

2.左端の「スライドのサイズ」を押します

3.ヘッダーやアイキャッチには『ワイド』を設定して使うといいでしょう

O-DAN(オーダン)やCanvaなど無料の素材をダウンロードして、自分の好きな位置に文字や図を挿入して、自由にデザインを楽しみましょう。


特にO-DANは横幅1280ピクセルまたは1920ピクセルでダウンロードできる画像が多いので、そのまま使用できるのが便利です。初めは慣れないかもしれませんが、使いこなせると記事作りもはかどりますよ。


パワーポイントにも数えきれないほどテンプレートがあります。それもぜひ利用してみましょう。

他にも役立つツールサイトがあるので、ご紹介します。ぜひ一度みてください!

iLoveIMG | 画像編集用オンラインツール
iLoveIMGは、使いやすくて完全無料の画像処理用オンラインサービスです。画像の圧縮、サイズ変更、切り抜き、変換などが可能です!

また、写真・画像の切り抜きには、こちらのサイトが便利ですよ。

Remove Background from Image – remove.bg
Remove Image Background: 100% automatically – in 5 seconds – without a single click – for free.

ポワーポイントと合わせてアイキャッチや、挿入する画像作りを楽しんでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました