【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

光と水の京都

river トラベル

一人旅・・・どんなイメージですか? 私は安・近・短ですが京都、大阪、関西方面へよく一人で出かけます。一人だからこそ発見できる自分だけの京都。皆さんも一人旅を始めませんか!

写真は京都の法輪寺で撮ったあおもみじです。初夏から夏の間はあおもみじが特に輝いて、紅葉より好きだという人もいます。私も実はこの季節が一番好きです。陽の光に透ける明るい色の葉、重なり合ってグラデーションになっている葉、濃い影を作り一陣の風に涼を運んでくれる自然の優しさ、風がザワっと抜けるとき一人佇ずんでいると、徒然のことから心を癒してくれます。

スポンサーリンク

5月から6月にかけての京都は太陽と水の競演

5月から6月にかけての京都は、本格的に暑くなる前のほんのひと時の間、太陽に光り輝く青と、梅雨の雨のしずくにダイヤモンドのようなきらめきを増す緑が楽しめます。

「春の京都」と「夏の京都」の間で色々なキャンペーンや文化財公開のチャンスは少ないけれど、楽しみ方は人それぞれです。この時期は、1年の中でも、ほんの少しですが観光客も少な目、
あなた次第であなただけの京都をじっくり味わうことも出来るのです。

光と水のさんざめき:飛び石

みなさんは、よくドラマや映画で鴨川の飛び石をご覧になると思います。それは、出町柳という場所にある賀茂川と高野川が出会い鴨川として京都市内を流れだす地点の、三角デルタのすぐそばにある一番有名な飛び石です。

一番・・ということは、他にもあるの?そう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そう、飛び石は今は全部で5か所あります。本当は一番上流にもう一つありますが、埋まってしまった部分があって渡り切れない状態です。

では、他の飛び石はどこにあるのでしょうか。

賀茂川 北山大橋下流

まず、賀茂川にかかる北山大橋の少し下流、三角形の飛び石が歩きやすい間隔で並んでいます。

高野川 高野橋下流

次は賀茂川の反対側、高野川の高野橋の少し下流に飛び石があります。ここは亀石もあって、三角デルタと似ています。石の間隔が少し広めなので気をつけて渡りましょう。高野川の東岸から西側に渡ると下鴨神社が近くにあります。

高野川のカナート洛北近くにホテルがあったころ、朝の散歩がてら高野川の東岸沿いの道から飛び石を渡り、西岸をしばらく歩いて上に上がる階段を登ってみたら、下鴨茶寮の横に出ました! ここから下鴨神社に向かって散策し、神社横の住宅街を迷子になりかけながらまた川沿いの道に戻り、ホテルまで帰りました。こうしたちょっとした発見が一人京都の楽しみです。
地元の人のように歩いてみる・・・何度も行くうちにこんな醍醐味も味わえます。

賀茂川と高野川合流地点 鴨川三角デルタ

その次は一番有名な出町柳にある鴨川三角デルタにある飛び石です。ここはロケ地や観光地として京都に来る人は誰でも知っていますね。東には大文字で有名な如意ヶ岳、南は鴨川の流れとその両岸に立ち並ぶ京都らしい風景。鴨川にかかる風情ある賀茂大橋。観光客だけでなく、学生や市民の人たちも訪れそれぞれ思うように過ごしています。
西岸にはカフェ、東岸は叡山電鉄の出町柳駅、飛び石以外でも休憩や観光に便利な場所です。

鴨川 荒神橋上流

そこからもう少し下ってみます。すると1つ下流の橋で荒神橋という橋があります。その橋の少し上流側にも飛び石があります。ここも亀石があります。平均して水位の低い場所なので、雨の少ない時期は中州が出来るので、そこまで渡ることもできます。
西側は京都府立医大病院、河原町通りを渡って「源氏物語」の作者、紫式部が住んでいた廬山寺が近くにあります。源氏の庭もあり、文学好き、中世好きの方は拝観してはいかがですか。

鴨川 二条大橋上流

最後に二条大橋の少し上流にある飛び石です。こちらの飛び石は千鳥の形と、高瀬舟の形をした石があります。こちらも比較的浅瀬ですし、飛び石の数も多く、また人が少ないためゆっくり遊ぶにはいいところです。すぐ近くにはリッツカールトン京都の優美な姿も見えます。

初夏の暑い日、こうした飛び石まで行って、のんびり足を浸せば一服の涼が得られることと思います。

光と水の京都に気軽に触れることが出来ますよ。

スポンサーリンク
トラベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ぶっちーをフォローする
bucchi-live.blog
タイトルとURLをコピーしました