【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

学生や一人暮らしのインターネットはスマホがあれば大丈夫?

wifiいろいろ
スポンサーリンク

モバイルwifiルーターなら学生や一人暮らしのインターネットも充実!

本格的な受験シーズン真っただ中。私立大学は合格発表も始まり喜びを迎えた家庭や、これから国公立大学の入学試験が待ち構えている人もまだまだいるでしょう。



ご家庭で出来ることは少ないけれど、あっという間に国公立大学の合格発表まで終わってしまいます。今出来ることは合格後の住まい探し、引っ越しの準備、入学金など諸経費の準備ですね。




住まい探しと絡みますが、新居でもインターネット環境は必要です。スマホがあれば大丈夫だと考えている人もいるかもしれませんが、大学は学生にIDを持たせて日々の連絡や、履修科目の提出、レポートの提出など様々な処理を行っています。



また調べものも多く、やはりパソコン・プリンタは必需品です。インターネットは新居に必要なのですよ。ネット環境は整えないといけません。

住まいやネット環境はどうやって選べばいいいの?

大学周辺のアパートやマンションは、2~3月は出入りの激しい時期です。新居は発表前から予約可能な物件の方が多いです。



キャンセルしても大丈夫なので少しでも学生生活が快適に送れる場所や環境・間取りの物件を探して予約しておきましょう。

また気に入った部屋であればキャンセル待ちの形で予約しておくことも
賢い選択です。2~3物件候補を押さえておくと新居探しに走り回らずにすみます。




これは引っ越しするときにも早く決まるのでいい方法です。不合格だったら、とかキャンセルするのが心苦しいと思わずにいいシステムは使うといいですよ。1つの部屋に対して、複数の予約は受け付けています。あなただけが予約しているわけではありません。

ぶっちー
ぶっちー

複数予約しておけば、合格すればその中から早く選べるので、現地にいって色々下見に走り回ることも少なくて楽なのよ。もし部屋が内見できるなら、
窓の高さや家具を置くスペースも測れるし、生活を想像しやすいでしょう。

私は予約したもののいい部屋だったので、合格待ちなのに入居費が1か月分だけだったから、そのお金を払って契約してしまいました・・・が、今思うと不合格だったら・・・(^^;)

学生や一人暮らしが多い物件はもともとインターネット回線がついているところも多いです。けれども、家賃に込みなのか、利用料は別なのか、また接続しても夜や休みの日は使用者が集中するので集合住宅タイプの回線は、速度が落ちることも少なくありません。



いったん入居してみて速度の状態を確認する方法もあります。不便だと感じるようであれば、いっそのことモバイルwifiルーターをレンタルする方が便利ですよ。


モバイルの方が調子が悪ければ、モバイルをキャンセルが出来る会社を選んで契約しておくといいですね。

学生や一人暮らしは持ち運び出来るモバイルwifiが便利

smartphone

私の子供の時代はまだまだWIMAXの整備が進んでいなかったし、モバイルwifiも質が悪かったのですが、今はもっと品質が良く料金も安くなりました。


モバイルwifiを使うと室内だけでなく、大学や友人のところにも持っていけるので便利です!



例えば京都は学生の街ですが、場所によってはテレビはケーブルでないと映りません。インターネット接続が出来る物件もありますが、古い物件をリフォームしたものも多くネットの契約は自分でする物件もまだ多いです。



学生専用マンションにもネットは来ていますが、入居期間はマンションのネットコミュニティ用のIDを登録して使用するところもありますので、やっぱり時間や人数が集中すると速度に差が出てきてしまいます。



性能や使用勝手の良いモバイルwifiとはどんなものでしょう。

・使用エリアが広い
・ 使用ギガ容量が多い
・申し込みや解約が簡単
・契約期間や容量によって割引がある
・Bluetooth機能のプリンタ、TV、オーディオに接続できる
・持ち運びできるので友人の家や、大学でも使用できスマホの料金を押さえられる

通信速度は上り50Mbps、下り150Mbpsくらいであれば快適に使用できるでしょう。
充電して使用できる時間が長いと外出時でも安心です。

利用料が高いなどのデメリットは無いの

smartphone

スマホがあるのにわざわざモバイル?と思うでしょうが、wifiの方が使用容量はスマホより大きく
自室でモバイルwifiに接続しておけばwifi環境なので、スマホのデータ使用量は節約できます。



でも、メリットばかりかというとそこはよく考えてみたいと思います。

・エリアによっては通信状態の悪い場所がある
・契約期間中に途中解約すると解約手数料が発生
・使いすぎると通信制限がかかることがある。

上記のような点がちょっと引っかかるかも、ですね。

モバイルwifiは プランや契約しだいでいいところが多かった

summary

住所で調べて通信エリアでも、周囲の建物の状況で通信障害が起こりやすいことはあります。
そういう場合に備えて、使用開始から一定の期間内ならキャンセルできるプランがある会社を選ぶといいですよ。



また、使い過ぎについては使い放題プランのあるものを選びましょう。
1年単位の契約だと変更しやすいし、今契約して3月の入居日からの使用開始にしておくと、もし通信状態が悪くても、大学が始まるまでにすぐキャンセルや交換できますよ。



それに3月の引っ越しに合わせて使用開始にすると、もしそのまま4年間レンタルしたと仮定して、2月いっぱいで解約ということになるので、解約手数料も0円ですね。
返却するだけ、入学時も卒業時も工事の必要はありません。



大学は入学前に届け出する書類やオリエンテーションの案内などを、学内ネットで連絡することも多いから引っ越しと同時に使用できるようにしておかないと困ることも。



何かと準備が多くて大変な時期だし、4年後の卒業のことも今から考えておかないともっと思いがけないことがあるかもしれません。早すぎることはないですよ。

モバイルWi-Fiルーター【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFi
スポンサーリンク
いろいろ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
\ぶっちーをフォローする/
bucchi-live.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました