【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

調剤事務って人気の資格だけど働きやすいの?

drugいろいろ
スポンサーリンク

調剤事務も人気の資格だけど、医療事務とどこが違うの

最近は医薬分業が常識になって、病院やクリニック帰りに必ず調剤薬局に立ちよって、薬をもらわなければならなくなりました。



そこで調剤事務の資格講座が最近は流行っています。調剤事務と医療事務って何が違うかわかりますか?その名の通り調剤薬局での事務。簡単にまとめるとこうですね。

  • 調剤事務も調剤レセプト業務がある
  • 薬局の方針によって勤務内容が全く違う
  • ドクターが書いた処方箋に関してのみ計算を行う
  • 管理薬剤師または薬剤師が必ず薬局に勤務している
  • 処方箋の薬代と薬の処方方法や指導料が計算のルールになる

医療事務はドクターの診療行為について決まったルールで計算しますが、調剤事務はドクターが書いた処方箋をもとに薬代と、薬剤師が調剤した薬や患者さんへの指導料を計算するのが仕事になるのです。

調剤事務の方が資格は取りやすいらしいけど本当?

調剤事務は計算のルールが医療事務ほど複雑ではなく、診療科によっての差もありません。処方される薬の違いと、薬の出し方や作り方の違いなどがルールの違いになってきます。



学習することも医療事務に比較すると少ないので、受講料も難易度も低いということは、理解してもらえると思います。



保険や助成金制度に関しては医療事務と同じく現場でないと実務的なことはわかりません
講座で学習するのはあくまで基本的な内容です。



ですが、計算のルールについてはどこの薬局でもそう大きな差はないので、転勤することがあっても困ることは少ないでしょう。

調剤事務で働きたいけれど、仕事に就きやすいの?

work

今は医薬分業といいましたね。病院やクリニックに勤務することはできません。仕事は調剤薬局もしくはドラッグストアくらいです。



そしてどこも目にする人数を思い浮かべてみてください。そう多くはないはずです。



例えば3人事務員がいる薬局があるとします。おそらく1名は正社員、あとはパート2名といった構成が多いですね。ここもパートの割合が多い仕事場ですね。

調剤事務薬局での仕事はどんなところが大変なの

drug

まず薬の入力をレセコンという計算用のシステムの入ったパソコンで計算しないといけませんが、ここでドクターの書いた処方箋と内容を間違えると大きな問題になります。



病院やクリニックの電子カルテと違い、処方箋は自分の目で見て入力します。慣れないうちは薬の名前も知らないものや、同じ名前でも錠剤・カプセル・粉薬という違いもあります。



それだけでも量の単位が違ってきます。錠剤はT(タブ)、カプセルはca(カプセル)、粉薬はg(グラム)という表現になるのです。



例えば1日3回朝・昼・夜食後で1錠ずつ10日間分だと「1日3Tで計30T」ですが、もし粉薬で1回につき、0.1gだとすると「1日0.3gで計3.0g」です。同じ薬でもこの表現は全然違うでしょう?



また同じ薬でも効き目の違いを間違えることもあります。例えば高血圧のお薬に「ニューロタン」という薬がありますが、25mg錠と50mg錠と2種類あります。25と50、値段も効き目も違います。入力や計算を違えるとどうなるでしょう。コワイ。



それからジェネリックという言葉はよく聞きますよね。処方箋では「ニューロタン25mg」となっていても、例えば薬局でジェネリックの「ロサルタン25mg」に変更することもあります。あわてずにPCに薬剤名を入力しないといけません。



注意して間違いなく入力しないと薬剤師が調剤した薬と、自分が計算した薬の本当の金額が異なってしまうこともあります。薬剤師が調剤して自分が入力した内容も違っていた、なんてこともあり得るのです。



医薬分業で調剤事務という仕事が増えましたが、これも責任ある仕事だとおわかりでしょう。
自分の薬局で扱う薬を早く覚えること、患者さんを待たせない意味でもPCの入力を早く正確にできること、これは最低限必要なことですね。



システムの扱い自体は毎月来る患者さんの処方箋は簡単になりますが、やはり命にかかわる仕事ですから、1にも2にもチェック!そして医療界ですから例にもれず「レセプト業務」があります!

女性が多い職場であり、薬剤師の補助的役割であること

これは医療事務員と同じですね。気が合う、合わない。仕事の比率が割にあわない。忙しい日ばかりシフトに入れられて不公平。薬剤師さんがきついことを言う・・・・。



こういうことが隠れた不満になることが多いようです。調剤薬局が増えるにつれ、 採用側の方も やはりこの問題は大事な課題だと認識しているようですね。



医療事務員は上には医師・看護師がいますが、薬剤師となるとまだ若い人も多く、医師・看護師と違い診療行為はできません。それだけ存在が遠くないけれど補助で接触するため、何かとお互いに目につくことが少なくないのです。



クリニックに比べて薬剤師が中心の調剤薬局は、効率的に仕事をしたい考え方の人が多くドライでもあるので、あっさりしているか逆に不満が簡単に表面化しやすい傾向はあるかもしれません。



事務員に絶対調剤の手伝いをさせない薬局も今は多くなりました。もし求人で面接するなら、確認しておく方がいいことだと思います。

ぶっちー
ぶっちー

実は事務員は薬の取り扱いを基本やってはいけないの。手伝いがあるかもしれないと言うところは、行かない方がいいんじゃないかしら。

調剤薬局も派遣またはチェーン化していることは就職にとってどうなの?

think

みなさんが思う以上に調剤薬局は、チェーン化しています。また調剤薬局の経営のかたわら、薬剤師や調剤事務員を派遣をしている会社もあります。



けれども、ハローワークや求人サイトを多用して求人募集しているところが多く、比較的簡単に応募はしやすい状態です。ただ医療事務・調剤事務ともに採用人数に対して応募数は多く、地方でも10倍以上が普通です。



通勤距離が遠いとか、採用側の希望する勤務時間に合わなければ落ちる確率は高いでしょう。調剤薬局はクリニックの隣にあっても、総合病院や他のクリニックの処方箋を受けつける方針のところもありますし、在宅診療の患者さんに薬を配達することもあります。



そういう調剤薬局は予想以上に忙しいと思っていいでしょう。ショッピング・モールの敷地内に構えた調剤薬局は、そうした多角的な業態をとっているところが多いですね。クリニックや病院が休みでも、薬局は営業しているんです。



場所が住宅地近くや、周囲に商業施設が無いような薬局はクリニックが休みだと仕事がないのでクリニックに合わせて、休業するところもあります。例えば医師が学会で出張・不在で休みとか、クリニックの従業員のために休むなら、薬局も休みということも。(←こういうとこがいいな)

調剤事務と医療事務、どちらの資格を選ぶ方がいいの?

summary

転勤もなく、同じ職場でやりがいを求めるなら医療事務ではないかと思います。また慣れれば落ち着いた環境だと思えるところが多いでしょう。患者さんとの触れ合いが多いのもクリニックです。


調剤事務は知っている薬が変わると大変ですが、転勤などの影響は少ないでしょう。また求人も今は多いし、見つけやすいです。でもクリニックに比べると建物の面積もせまく、休憩室など不便を感じることが多いことも。



職場環境は本当に勤務してみなければわかりません。同じ職場の人との相性が関与する部分が大きいからです。はっきり言うと、調剤薬局の方が精神的にきついことが多いかもしれません。ちなみにお給料は医療事務とほぼ同じです。



家庭との兼ね合いなどやはり色々な判断が必要だと思いますが、調剤薬局については職場の特性上自分自身の性格や適性を一番の基準にするのがいいでしょう。



最後にひとことテンパりやすい人はどちらの事務にも向いていない傾向があります。他にも一つのことに集中しないと仕事ができないタイプの人も残念ですが向いていないかもしれませんね。


資格を取る前のアドバイスでした。

スポンサーリンク
いろいろ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
\ぶっちーをフォローする/
bucchi-live.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました