【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

ads.txt問題の修正がエックスサーバーなら簡単解決!

eyecatchwordpress

Googleアドセンスに合格!さあ、これから広告配信を設定しよう。

そんな喜びの時、こんなメッセージがでていませんか。


「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください」

そんな時は一度サーバーを見てみましょう。らくちん修正できることも。その手順を書きました。

FTPソフトでアップロードせず、直接コピペで終了!ものの5分で解決しました。

スポンサーリンク

ads.txtの修正はあなたのサーバー環境次第で変わる!

「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください」

なんだろう!と驚きますよね。ヘルプを開くと次のような画面になりました。

「自分のパブリッシャーIDを」ダウンロードしてads.txtに貼ってくださいという

メッセージでした。

『この広告はGoogleアドセンスに対しての広告枠です』という意味らしいです。

自分のパブリッシャーIDを設置することで、ちゃんと広告枠を作って自分のサイト側と

広告を配信するGoogleアドセンス側の両方が一致していますって意味なんですね。

青い枠の「pub-0000000000000000」 が自分のIDです。

ads.txtの問題!?サーバー機能で設置できることもある

私もなんのことだかわからなくて、初めはググりまくって「放っておいても大丈夫」と

けっこう書いている人がいましたが、どうしても気になってやっぱり修正しようと思い、

FTPソフトを入れて、アップロードしようかと思いました。

まずはads.txtをダウンロードする

「いますぐ修正」をクリックすると、このようにダウンロードできる画面になり、

「ダウンロード」をクリックします。

自分のパブリッシャーIDがダウンロードファイルに入ります。

これが自分のパブリッシャーIDです。このIDをサーバーにアップロードしてコピーし、

https://自分のドメイン/ads.txt というルートを作ってくださいということです。

さあ、FTPソフトを入れようかと調べていた時、ふと契約しているエックスサーバーを一度

見てみようと思ったのです。サーバーパネルに入ってみました。

推奨:サーバーパネルを確認してみる

よくみてみると、サーバーパネルに

「ads.txt設定」という項目がありました!

ここにパブリッシャーIDを書けばいいと判断

しました。

以前SSL化もDNS設定もこのパネルに項目があり、そこで設定すれば完了したことが

あったからです。FTPでアップロードしてファイルに追加・編集という作業はしなくても

大丈夫だと思いました。

ads.txtを直接コピーする

「ads.txt設定」を開いて設定対象ドメインを選択すると、このような画面になります。

「ads.txt直接編集」タブを選びます。→「ads.txt」の右側のスペースにダウンロードファイルを

開いてそこにあるパブリッシャーIDをコピーして、ここに貼り付けます。→「確認画面へ進む」を

押します。

自分のパブリッシャーIDがこのように設定されました。

この設定ができたら、翌日には警告が消えています。

サーバーパネルでコピペするだけで簡単に終了です。他のサーバーは借りていないので、

契約中のエックスサーバーのことしかわかりませんが、初心者には親切設計な手間いらずです。

個人でサーバー契約する人はアドセンス取得をする人が多いので、取得前提のサーバー設定に

なっているようです。この設定がないサーバーはFTPソフトでアップロードしてください。

警告がでたら、一度自分のサーバーを確認してみることをお勧めします

スポンサーリンク
wordpress
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
\ぶっちーをフォローする/
bucchi-live.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました