【超速】クラウドサーバーの評判 ConoHa WING編  UP!

【超速】ConoHa WINGならクラウドサーバーのイチオシ! 

https://www.conoha.jp/wing/?btn_id=top_wingwordpress

ブログ初心者のみなさん、もちろんそろそろ表示が重たくなってきたなあと思う
ベテランのあなた。

これから主流のクラウドサーバーを使いましょう。
その前にクラウドサーバーって何っていう人に少しお話ししましょう。

筆者もサーバーについて調べていると、もっと簡単に誰にもわかりやすい説明を
しているサイトが少なくてこれを書こうと思いました。

お知らせです!

・WINGパック登場!、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。

・WINGパックを申し込むと「.com」や「.net」を含む全12種類の人気ドメインから、好きな独自ドメインを【1つ無料で新規取得】できます。

・WINGパック初回お申し込みだと、お申し込み日から当月末までのご利用料金は無料です。月初のお申込みがおトク!【最大31日間無料】でConoHa WINGを利用できます。
(1日に申し込むとその月はまるまる使用料が無料という驚きのサービス!)

・ 全プランでSSD容量、転送量目安を増量!

ConoHa WINGで知られるクラウドサーバーとレンタルサーバーって?

個人がwordpressでブログやアフィリエイトをするときは、レンタルサーバーを
サーバー提供会社から借りますよね。1台のサーバーを複数人で借りて共用します。

普通にいうとこれがレンタルサーバーだと誰もが思います。
しかし、基本的に個人がブログなどで利用する分には、どちらも共用レンタルサーバー
なのです。


共用レンタルサーバーは1台のサーバーを複数の人が使用します。
この点はクラウドサーバーもレンタルサーバーも同じです。

また、サーバーの運用・保守管理もサーバー会社が行ってくれるので、サーバーの
知識が特別になくてもサイト運営ができます。

クラウドサーバーとレンタルサーバーの違いは何?

レンタルサーバーは、単に1台のサーバを共用し、WEBサービスを提供して
います。例えば100のものを5人で20ずつ、分けて使いましょうというイメージです。


一人の持ち分が限られているので、一時的に自分または供用者にアクセスが集中すると
処理速度や表示速度が遅くなったりサーバーがダウンする可能性もあります。

クラウドサーバーはアクセス数が変化しても別のサーバーが連続してつながり、一人の
持ち分の拡張が可能です。

そのおかげで処理速度が落ちることなく、安定して表示・使用が可能です。


従量課金制が多いですが、一定の従量を超えてもその月は定額に切り替わるという
サービスになってきました。

クラウドサーバーとクラウドサービスの違いを理解しよう

クラウドとは、一般にクラウドサービスを指します。

PCにソフトウェアを導入して処理していたものを、インターネット上のソフトウェアを
使って様々な仕事や処理ができるようにしたものです。

クラウドサービス で提供されるもの
  • WEBメール(Gメール、Yahooメールなど)
  • 写真などデータ容量の大きいものの保管
  • 文書作成(Googleドキュメント)
  • 表計算(Googleスプレッドシート)
  • 音楽ストリーミング配信(dヒッツなど)

このようにまとめると、具体的に理解できますね。
レンタルサーバーとは違うサービスなのです。

ConoHa WINGって話題のサーバーだけど、どんなメリットがある?

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

ConoHa WINGは、クラウド型レンタルサーバーです。

クラウド型・・・ 別のサーバーが連続してつながり、一人の持ち分の拡張が可能。
(これは前述しましたね)安定した速度で有名アフィリエイターさんにも好評です。

ConoHaWINGの使いやすさや特徴・サービスはどんなところ?

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】
  • 初心者でもわかりやすく親しみやすくなった管理画面 。
  • SSL化、DSN設定、wordpressインストールが簡単。
  • 独自ドメイン取得サービスを開始。
  • 乗り換えのためのwordpress簡単移行サービスがある 。
  • 1時間2円から利用でき、1か月最大1200円までの料金体系。
    朗報です!最高800円に値下げになりました!(WINGパック利用者)
  • ConoHa学割サービスがある 。
  • 業界初のConoHaカード(プリペイド)サービス開始。
    チャージも可能。購入に応じて5%割引がある。

「速くて安い」「wordpressインストール」ということは、レンタルサーバー業界では
当たり前のサービスになってきました。


ConoHaはほかにも、学割や自社プリペイドカードを導入しクレジットカードの登録や
コンビニ支払いの手間をなくし、引き落としのタイムラグも心配なく使えます。


こうしたサービスは、業界では画期的と言えます。例えば学生ですと、引っ越しは
つきものです。そうした環境の変化にも対応が強化されたと言えます。

また、もしも別のサーバー会社に乗り換えるとしても、プリペイド式だと
支払ったかなと心配することも減るでしょう。

下の図はConoHaWINGのサーバー管理パネルです。


親しみやすく、機能も見やすいデザインで初心者にもわかりやすい印象です。


利用者目線でサービスを様々に提供している ConoHa はサーバー選びから

外せない選択肢といえますね。

ConoHaWINGの良くないところはある?

ConoHaWINGのデメリットはどうでしょうか。

  • 1時間2円と安い料金だが1200円までいくと、割高感が出る。
    朗報です!最高800円に値下げになりました!(WINGパック利用者)
  • WAF(Web Application Firewallの略でファイアウォールの一種 )
    に脆弱性がある。
  • wordpress引っ越しツールでたまに移行されていないデータがある。
  • 基本お試し期間がない。
    こちらも最大31日間無料が登場!(WINGパック利用者)
  • まだまだ歴史や運営が浅いので、もっと情報がほしい。

このあたりが口コミとしてあがっていますが、セキュリティについては、IPアクセス
制限や、SSL化の標準仕様、など以前より機能が上がっているようです。


【朗報】WINGパック登場!!
WINGパックは、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プラン。

WINGパックを申し込むと「.com」や「.net」を含む全12種類の人気ドメインから、
好きな独自ドメイン【1つ無料で新規取得】できます!ゼッタイお得!!

まとめ

全体として、利用しやすい機能が標準装備されてきたようです。
初心者にも使いやすくなっています。

  • 月額制ではないので、1か月程度のお試しがしやすい。
  • ConoHaカード使用だと簡単にお試しできる。
  • 学割は10%、ConoHaカード購入金額により5%割引制度でお得。
  • 登録ドメイン無制限。
  • バックアップが無料で14日間分ある。
  • 最低利用期間の縛りなし。
  • 2台目のサーバーとして使いやすい。

まず、気軽にお試しできるところは大変良いと思います。
また、利用者目線でのサービスに取り組んでいるところが斬新です。


サイトを増やそうと考えるアフィリエイターさんにも初心者さんにも、一度は使って
みたいと思わせる魅力がありますね。ぜひサイトを見て検討しましょう。

動画ギャラリー | 美雲このはオフィシャルサイト
このはの情報がい~っぱい!ぜひチェックしてね♪

サーバー選びが出来たら、アフィリエイトも始めてみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました